意外と知らない海外医薬品の配送と代行サービスについて

海外からの配送

医薬品の配送について皆さんはどれくらいご存知でしょうか?

日本では病院で検査してもらったり、診察してもらった後に近くの薬局でおくすりを処方してもらいますよね?もしくは近所にあるドラッグストアや最近ではコンビニなどでもよく使うお薬を取り扱っていたりもします。

なかなか医薬品の配送となると、不安な部分もありニセモノが到着するのでは?という不信感も否めないと思います。もちろん、これは海外医薬品にも該当するのですが、海外から医薬品を輸入する方法としては主に2つのパターンがあります。

1つ目は個人で購入先を調べて直接配送してもらう方法。

2つ目は個人輸入代行サービスを利用して配送してもらう方法。

まず、前者に関してですが、こちらが本来の個人輸入とも言える方法で、海外の薬を取り扱っている販売店から個人的に薬を購入して自宅に届けてもらう方法です。

後者に関しては、個人で購入するのは同じとも言えるのですが、輸入代行業者がいて輸入から配送までを手伝ってくれます。どちらが安心かは購入する人によって捉え方が違うと思いますので、お好きな方法で購入すると良いでしょう。

個人輸入と代行サービスの違い

前述している通り、海外の医薬品は個人で輸入することができます。ただし、個人で輸入できる量には制限があるので注意が必要です。

一般的に厚生労働省から発表されている情報としては、「用法・用量からみて1ヶ月以内or2ヶ月以内」などという情報です。

これはどういうことかと言いますと、大量に輸入する事はできずに、自分1人で使用する程度の量という事です。

ですので、大量に輸入して日本で転売するなんて事はできず、譲渡、他人分の代理購入なども個人で行ってはいけないのです。

また、代行サービスを利用する場合は、業者が自分の代わりに手続きを済ませてくれ、配送までの面倒を見てくれます。

だいたいの場合は、ECサイトのようにネットショッピング感覚で複数の薬を選んでまとめ買いしたりする事ができます。

ただし、代行サービスで購入したからと言って転売OKというわけではありませんので、ご注意ください。あくまで自分が使いたい量を目安に購入しましょう。

配送に関する梱包

海外の医薬品を購入するときに気になるポイントとしては梱包だと思います。

どのように包まれてくるのか?誰にもバレたくない人も多いと思いますが、そのあたりは気を使って丁寧に梱包してあるところが多いのですが、念のため購入する前に確認しておきましょう。

ここまで配送について紹介してきましたが、ある程度ご理解いただけましたでしょうか?結論を言いますと代行業者に頼ったほうが安心ですし、簡単に購入できるということです。