海外の医薬品は安全?輸入する前に知っておくべき基礎情報。

海外医薬品の購入

まず、皆さんは海外の医薬品についてどれくらいの知識がありますでしょうか?単純なイメージとしてはその名の通りで「海外で販売されている医薬品」という印象ではないでしょうか。

基本的にはこのようなイメージで問題ないですが、もう少し説明すると、海外の医薬品は日本では製造や販売ができない医薬品の事を言い、海外のみで許可され、販売している医薬品です。

日本の医療も発達していますが、世界は広く海外では日本で扱っていない医薬品も多く存在しています。

なぜ、国内で販売されない?

では、なぜ海外で活躍している医薬品が日本では取扱いできないのか?という疑問ですが、日本には「薬機法(薬事法)」という法律があります。この法律は医薬品関係の法律で厚生労働省が定めていることが多いです。

また、海外で普通に販売されている医薬品でも日本ではこの法律のせいでなかなか販売されなかったりします。

いろいろな制限や法律が入り混じっている国内で認可を得るには相当の時間がかかると思って良いでしょうね。

日本で買えないから個人輸入する

前述させて頂きましたが、海外医薬品は日本では購入できない事がほとんどです。では、より優れた医薬品をどうしても欲しい。と思った時にはどうすれば良いのか?そんな時に対応できるのが個人輸入です。

個人輸入であれば海外の医薬品を個人的に購入し、日本でも使用する事ができるのです。

ただし、個人輸入の中にも法律上で定められているルールがあり、基本的には個人(1人)が使用する適量までしか1度に購入する事ができません。

個人輸入の中でも細かいルールがありますので詳しくは厚生労働省のホームページに記載のある情報を確認してから購入しましょう。

個人での購入はリスク、代行業者を使おう!

先程、海外の医薬品を購入するなら個人輸入と紹介させて頂きましたが、皆さんはいざ個人輸入しようと思ってもなにをして良いかわかりますか?

正直わからない方が多いと思います。そんな時に活用できるのが個人輸入を代行してくれる通販サービスです。

個人輸入代行サービスは通販サイトのようなもので、個人で行わなければならない輸入を代行してくれる業者が運営していることが多いです。

ですので、通販サイトも日本人向けになっていて商品も選びやすく購入から商品発送、到着までスムーズにできるというメリットがあります。通販サイトによっては悪徳業者が運営しているものもありますので、そこの見極めは十分に注意しておきましょう。