通販で薬を購入する前に先発医薬品と後発医薬品についての理解を深めよう!

先発品と後発品

<先発医薬品とは>

先発医薬品とはその名の通りで、製薬会社によって新しく開発されたお薬の事を言います。今までになかった成分が発見され、それを使った薬が開発されたりすることです。新薬には特許申請もあり、特許期間中は同じ成分を含んでいるくすりを開発することができなくなるのです。

<後発医薬品とは>

後発医薬品に関してもそのままですが、前述している新薬の特許期間が終了した後に、他の製薬会社などから同じ成分を使用して作られたお薬の事をいいます。別名GENERICとも言い、基本的には含まれている成分が同じで、品質やその他の安全面なども承認を得ているものとなります。後発品の特徴としては、同じ成分を含んでいるのにも関わらず成分に対する開発費用がかかっていないため、薬そのものの価格が正規品よりも安いという部分です。最近では国内でも薬局などで「ジェネリックの処方でも問題ないですか?」と聞かれることが多くなりました。

ジェネリック品の質

最近よく聞くようになったジェネリック品ですが、その質はどうなのか?正規品と違うと気持ち的に不安になる方もいらっしゃると思いますが、基本的には新薬と同じ効果が期待できます。

もちろん、成分や安全性も同じで、違う製薬会社が製造しているという違いだけと言っても過言ではありません。国内でジェネリックを製造し、販売するには厚生労働省の承認が必要ですので、そのあたりは安全性が高いと言えるでしょう。

質を維持したまま値段が安いのがメリットなので、ジェネリックだから…値段が安いから…という事で薬の質が落ちるという事はないのです。

海外医薬品は処方箋がいらない

日本国内で薬を処方してもらうには病院からの処方箋が必要ですが、海外医薬品は処方箋も必要なく、ネットショッピング感覚で購入できます。

誰でも購入出来てしまう為、逆にそれを悪用する業者もいるので購入する通販サイトや利用する個人輸入代行業者をしっかりと見極める必要があります。

レビトラのジェネリック

上記で説明していることからED治療薬も基本的にはジェネリックで問題ないということが分かると思います。

また、一部のジェネリックでは正規のものよりも改良されて売られている事もありますので、場合によっては効き目がよりアップしているというお話も聞きます。

レビトラにも多くのジェネリックが存在していますので、よりご自身に合った薬を選ぶならジェネリックを試してみるのも良いかもしれませんね。