これで決定!海外医薬品を個人輸入するメリット

個人輸入のメリット

医薬品は国内にも多くありますが、なぜわざわざ海外から輸入してまで購入する必要があるのか?それには大きな理由が2つあります。

まず1つ目は「値段が安い」海外の医薬品って日本ではなかなか手に入らないものが多いのですが、海外ではごく普通に売っているので、安い価格で簡単に購入する事ができます。

もう1つは医師の診断なしで購入できる医薬品が多い、という事です。海外の薬を買うには処方箋などもなく、代行業者が運営している通販サイトなどから簡単に購入する事ができますし、国内よりも効果的なお薬もたくさんあります。

これらのメリットから日本の方でも海外の医薬品を使用している方がどんどん増えているのです。

特にレビトラなどのED治療薬はもちろんの事、育毛剤やダイエットサプリなど、男女問わず使用できる薬やサプリが簡単に購入できてしまいます。

個人輸入のデメリット

デメリットと言えば…。そこまでないのですが、専門の医師が推奨している薬ではないので、安全性などは自分で判断するしかありません。また、通販サイトに商品の説明が記載されていることが多いですが、英文の説明を和訳しているだけのサイトも多く存在していますので、自分でしっかりと確かめる必要があります。

その他には怪しい通販サイトで偽物を販売しているケースです。偽物は全く異なる成分を含んでいる事が多く効果を発揮するどころか、逆に体調が悪くなってしまう事もありますので、十分に注意しましょう。

基本的には自己責任となってしまうことが少し不安な部分でもありますね。

レビトラの個人輸入

LEVITRAを個人で輸入する場合は、個人輸入代行サービスを使う事をオススメします。もちろん、個人間で仕入れる事も出来ると思いますが、海外の業者を完全に信用してしまうのも不安なので、代行業者に任せてしまうのが理想です。

ただし、レビトラを通販サイトで購入する場合にもそのサイトに特定商取引法の記載があるか?宅配サービスの説明があるか?サポート体制はバッチリか?などサイトの安全性も確認しておくと良いでしょう。

後は口コミ情報なども個人の意見として参考にしてみてくださいね。

レビトラには正規品からジェネリックまでたくさんの商品がありますので、あなたにピッタリのお薬を選んで悩める勃起不全(ED)の症状を改善していきましょう!