個人輸入に関する正しい知識とリスクについて

個人輸入のリスク

販売されている医薬品には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは国内で製造しているもの、2つ目は海外で製造されているものです。

医薬品には薬機法(薬事法)が定められていることが多く、その商品の品質や安全性などの確認が必要となります。

最近では一般人の美容や健康などへ対する興味も高まっていて医薬品を購入する方も増えている現状があります。

基本的には厚生労働省の認可が必要なので、ニセモノなどは販売されていませんが、ネットなどでは認可がおりていない怪しい医薬品も多く出回っているので、注意が必要です。

個人輸入するときのリスク

医薬品は海外から個人輸入する事もできます。海外の薬のほうが安い値段で購入できたり、日本では販売されていないたくさんの薬があります。その効果も十分なものもあれば、たいして有効ではないものなどピンキリです。

個人輸入すると安い価格で購入できるというメリットはありますが、日本国内で法律に基づいて安全性を確認しているわけではないので、それなりにリスクがありますので、自分自身で責任をもって購入する必要があります。

また、嘘の情報をネットで開示したり、「絶対に効きます!」など盛り過ぎている誇大広告もあるので注意が必要です。また、レビトラなどのED治療薬もニセモノが出回っていて、明らかに衛生面が整っていない汚い工場で製造されいている場面も多く見受けられます。

「バイアグラ ニセモノ」などで検索してみると画像や情報があるので、ネット通販で勃起薬を購入する前に確認してみましょう。

個人輸入が認められるパターンと注意点

個人で海外の薬を輸入する場合にはいくつかの条件があります。麻薬などの危険な薬を持ち運ぼうとして逮捕されたなんて話もニュースでよく聞きますよね。

これと同じで日本に医薬品を持ち運ぶ場合には、薬機法や関税などの法律が適用されるので、違反している場合には国内へ持ち運ぶこともできません。

ネット注文での個人輸入も同様です。基本的には1人が使用するのに適している量しか輸入できません。詳しくは厚生労働省のWEBサイトを見て確認してください。

最後に

いかがでしたでしょうか?勃起不全に悩んでいる男性の皆さん、病院での処方以外にも勃起薬を購入する手段はあります。

ですが、危険や安全性は保障されていませんし、輸入する際にも制限や条件があります。医薬品の取扱いは十分に気を付けてこれらの事をしっかり守って安全に利用するようにしましょう。