危険がいっぱい!?個人輸入で注意するべきポイントまとめ

個人輸入の注意点

個人輸入に危険はいっぱい潜んでいます。日本国内で法律に基づいて販売されている医薬品・医薬部外品と比較するとどうしても衛生面などが劣っていると言えます。

また、保証があるわけでもありませんので、完全なる自己責任です。このように品質の確認が十分にできていない医薬品は健康面に被害をもたらすことがあります。人の体によくない成分が含まれていたり、逆に悪くする成分が含まれている恐れもあります。

製造工場に関しても衛生面が整っていない場所や、見た目だけそっくりに作られているものもあるのです。

代行サービスを使わない場合

最近ではお薬などを海外から手に入れる方法の1つとして輸入代行サービスを利用する方が増加しています。

ですが、そんな中でも個人で輸入するという方もいらっしゃると思います。完全に個人で輸入をする場合には、商品代金以外にも送料・税金・消費税などの費用がかかってきますので、そのあたりも購入前に確認するようにしましょう。

また代行業者でも一部費用が発生する場合もありますので、念のためご確認頂く事をオススメします。

信用できる代行業者を選べ!

個人輸入代行サービスとして通販サイトを運営している代行業者は多いです。基本的に海外の医薬品を取り扱っている通販サイトは輸入代行と思っておいても良いくらいです。。

海外の商品を日本にいる状態で購入するのは簡単ですが、どの通販サイトから購入するかもポイントの1つです。

明らかに怪しいサイトは絶対にやめましょう!また、ポイント還元や宅配状況が確認できる通販サイトは個人的にはおすすめです。また、24時間サポートやメールサポートに対応している通販サイトも比較的安心して利用できるので、これから勃起薬などの医薬品を通販サイトで購入しようと思っている方はこの辺りも参考にしてみてください。

まとめ

さて、ここまで個人輸入についていろいろとまとめて紹介してきましたが、輸入に関する危険性や気を付けるべきポイントはご理解頂けましたでしょうか?

ここにある情報の限りではありませんが、比較的参考になる情報をまとめていますので、viagraやlevitraなどの勃起薬、その他医薬品などをネット通販で海外から購入しようと検討している方はしっかりと輸入に関する知識を得ておくことを推奨します。場合によっては薬機法に違反してしまう恐れもありますので、ご注意を!